他とは違うマンション経営について|リスクが低い不動産投資

メンズ

不動産を扱う投資会社

女の人

みんなで大家さんは多くの魅力的な投資商品を提供している会社であり、大型の不動産を扱っていることでも人気が高くなっています。現在まで元本割れもなく、想定利回りも高い実績を誇っています。リスクの低さから出資者も増えています。

もっと読む

アパート経営との違い

マンション

不動産投資をこれからやってみようという人には、まずアパート経営とマンション経営の違いについて把握しておくことをおすすめします。どちらも不動産投資であり、非常に似ている側面があるので、混同してしまいがちですが、はっきりとした違いを持っているのです。まずアパート経営はアパート1棟を経営することを意味します。建物1つを所有して経営するとなると、相当の資金が必要になりますので、一般の人は手が出せないと思われがちですが、実際にはそこまで難しいものではありません。1棟そのものをその場で購入するわけではないからです。ただし、ハードルが高いことには変わりありませんので、マンション経営をしてから、次のステップとして考慮する人が多いです。

マンション経営はアパート経営のように1棟を扱うのではなく、あくまでも1室を管理して利益を得るというものです。これをワンルームマンション投資といいます。ここがアパート経営との最も大きな相違点になります。そのため、資金も1棟ではなく1室分で済みます。入居を希望する人に賃貸して、その家賃から収入を得ることになります。もちろん、1室でなければいけないというルールはなく複数の部屋を購入して経営することも可能です。いきなりアパート経営だと心配だという人は、まずこのマンション経営をしてから、知識と経験を身につけるといいでしょう。実際に、手軽に投資を始められるということで、非常に人気が高まっている投資方法です。

空き家を有効活用したい

婦人

空き家を持っていると、その維持費用がかかってしまいます。誰かに貸して賃料収入を得ることができればその費用を賄うことができますが、いったん貸してしまうとなかなか出ていってもらえなくなってしまいます。しかし、リロケーション会社を利用すれば、期間限定で家を貸せるようになります。

もっと読む

出口を考えよう

つみきとお金

不動産投資は中古ワンルームマンション等の収益物件などを購入した時点で終わるわけではありません。むしろ、購入後に本当の投資が始まります。いつどのような形で出口を迎えるのかということを考えておくことが非常に重要なのです。

もっと読む