出口を考えよう|他とは違うマンション経営について|リスクが低い不動産投資

他とは違うマンション経営について|リスクが低い不動産投資

集合住宅模型

出口を考えよう

つみきとお金

購入価格以上で処分しよう

不動産投資で重要なことは、出口を考えておく、ということです。不動産投資を始めると、毎月の家賃収入が発生します。この家賃収入を手にすることで、効率の良い運用をすることができていると考えている人は非常に多いです。不動産会社の売り方も売却希望価格をベースとした利回りとなっています。ここに注意しなければならない点があります。利回りは買った時の価格がベースになっています。そのため、その利回りを本当に確保できるかどうかは、買った価格と同額以上で処分できたかどうかにかかっているのです。もしも、購入価格よりも低い価格で売却した場合には、トータルの運用利回りは当初に想定していた利回りよりも悪化することになります。

買ってからが勝負です

売却する時に損を出してしまって慌てないために、購入の段階で気を付けておきましょう。収益物件は、多くの場合、年数が経てば経つほど劣化していきます。この経年劣化を利回りを求める際に計算に入れておくと、売却時に慌てることはなくなります。また、経年劣化を考慮しておくことで、短期で売却してしまった方が良いのか、建替えまで持ち続けておいた方が良いのか、という判断もしやすくなります。不動産投資は中古ワンルームマンション等の収益物件を保有した時からが腕の見せ所です。収益物件を買ったことに満足をするのではなく、どのような出口を迎えるのかを、常に考えておきましょう。出口戦略によって不動産投資の運用利回りは大きく異なってきます。